これからをもっと自由に生きるために! | LIFE CAMPER(ライフキャンパー)

音楽をもっと手軽に – 自宅のオーディオにBluetoothレシーバーを付けてみた

音楽をオーディオでゆっくり聴く – そんな機会がめっきり減ってしまった。
時間がないからと言うよりも、iPhoneでイヤホンや車で手軽に聴けるから。もちろんオーディオでCDやレコードを聴いた方がいい音に決まってるけど、iPhoneの手軽さに慣れてしまって、アンプを暖めて…とかがちょっと億劫に。Appleの思うままになっている。

オーディオも使ってあげたい

オーディオにこだわりがあれば、「BluetoothでiPhoneなんて…」と思われるのは当然だし、僕もそんな事はしたくない。
でも使う機会がめっきり減ったオーディオと向き合うためにも、まずはオーディオを使う時間を増やさなければ – そこで苦渋の決断、Bluetoothレシーバーを導入して、オーディオでiPhoneから音楽を流せるようにした。

とは言え、まだ購入して1日も使ってない状態なので、「音質」「音飛び」「発熱」など気になる点は、また後日レビューしてこうと思う。

『ELECOM LBT-AVWAR500』

今回購入してみたのは、ELECOMの『LBT-AVWAR500』。
同じシリーズに光デジタル端子に対応した「LBT-AVWAR700」があるけど、僕のオーディオには光デジタル端子がないので、お手軽なコチラをチョイス。

セット内容には、全て必要なものが入っている。電源はUSBからなので、パソコンや車でもお手軽にワイヤレス環境が作れる。
僕の場合は自宅オーディオに置きっ放しになるので、付属のUSB ACアダプターを使って、コンセントから取っている。

本体は非常にコンパクト。これなら車に設置してもあまり邪魔にはならないかも。

電源コネクタとステレオミニジャック。

電源を入れると点灯するLEDランプ。

まとめ

設置した直後にちょっとだけ聴いてみたけど、便利さを優先したと思えば十分聴けるレベル。もちろん、CDやレコードを真剣に聴くのとは違うので割り切ることも必要かな。

冒頭にも書いた通り、使い始めて時間も経ってないので、音飛びや発熱など、この手のモノで気になる点は、後日記事にするつもりなので、この暴挙を生ぬるく見守ってほしい(笑)

Life ガジェット

こちらの記事もご興味あるかも!

2019年、欲しいものというか目標。
愛宕神社