これからをもっと自由に生きるために! | LIFE CAMPER(ライフキャンパー)

【Mac】ショートカットを覚えてテキスト入力を効率化【保存版】

Macを使い始めて戸惑うこと ー ショートカットで迷子になる。

もちろん、Windowsに慣れてるからなんだけど、Macの場合、ショートカットを調べると記号表記が多くて余計にわからない。
この記事では個人的な備忘録も含めて、Macキーボードのシンボルと代表的なショートカット、特にぜひ使いこなして欲しい『control』の使い方をまとめてみる。

⌘ = Command

おそらくMacで最も使うキーの一つ。
Windowsで言うところの「Ctrl(コントロール)」。

よく使うショートカット

  • Command+C(コピー)
  • Command+V(ペースト)
  • Command+X(切り取り)
  • Command+Z(やり直し)
  • Command+F(書類内の検索)
  • Command+Q(開いているアプリの終了)

⇧ = shift

例えば、キーボードの「3」の上に「#」が書いてあったりすると、『shift+3』で入力する。
つまり、記号の意味はそのまま『上にずらす』。

⌥ = Option

機能は動作の切り替え。
アイコンの意味は、回路の切り替えと勝手に解釈。

よく使うショートカット

Macでメニューを開いてOptionを押すと、普通では表示されない項目が表示される。
例えば、Finderメニューの「移動」もOptionと一緒にクリックすると「ライブラリ」が表示される。

^ = control

あまり、というかほぼ使うことがなかったキー。
でもこいつの力は侮れない。カーソルを移動させたり、前後の文字を消したりする時に、マウスや矢印キーを使わずに済む。とくにブロガーやコードを書く人にはぜひ身につけて効率を上げてほしい。

使いこなして欲しいショートカット

  • Control+A(段落の先頭へ移動)
  • Control+E(段落の最後へ移動)
  • Control+K(カーソル右の文字から段落の最後までを一括削除)
  • Control+F(カーソルを右へ移動)
  • Control+B(カーソルを左へ移動)
  • Control+P(カーソルを上へ移動)
  • Control+N(カーソルを下へ移動)
  • Control+O(カーソルの後ろに1行挿入)
  • Control+H(カーソルより左を一文字消す)
  • Control+D(カーソルより右を一文字消す)

まとめ

備忘録のような記事になってしまったけど、キーボードの記号(シンボル)を覚えると、色々なショートカットが分かるようになる。
冒頭にも書いたけど、ショートカットを使いこなして作業効率を上げて欲しいし、マウスを使わずにパチパチとキーボードで作業が進んでいると、個人的にはカッコイイような気がする(笑)。

tips

こちらの記事もご興味あるかも!

プラグインはいらない - chromeで縦長のWEBページ全体をスクリーンショット
Macのプレビューが便利。アイキャッチ画像も作成できる。
Macが起動しない。クリーンインストールで絶望から脱出。